私たちの働きかた

Message

Message

「その他大勢のひとり」は一人もいない。

五月女
いきなり核心を突く質問ですが(笑)、実際にWITHでバックオフィス業務を経験してみて、ふたりはどのような印象を持ちましたか?
鮎川
いきなり核心を突く回答ですが(笑)、「事務なのにサポート役だけじゃない」と思いました。私は前職でブライダル関係の仕事をしていたんですが、就職活動の時「事務職=誰にでも代わりが務まる仕事」とのイメージがあって、それでデスクワークは敬遠していたんです。ところが、WITHの事務はまるでイメージと違いました。とにかく、任される範囲が広いですね。
五月女
具体的には?
鮎川
たとえば以前いた部署では、展示会へ出展するブースやメールマガジンで配信する内容について、企画面を全般的に任されていました。その分、責任も伴いますが「これは自分がやったんだ」という実感がもてる業務を手がけられることは、やり甲斐にも自信にもつながります。
大橋
私も「事務なのにここまで出来るんだ!」と率直に感じました。私の場合、以前の部署では商業施設のレポーティング業務などを担当していて、会計周りに関しては私がビルオーナーさんに直接プレゼンをしたり。あと、受け持っている物件がたまたま沖縄にあったため、現地へ出張することもたびたびありました。デスクワークとはいえ、1日中ずっと机に向かっている訳ではなく、自分からどんどん前へ出て行ける。それがWITHの、バックオフィス業務の特徴なのではないでしょうか。
鮎川
私たちだけに限らず「その他大勢」の役回りに甘んじているような社員は、社内のどこにも見当たりませんからね。
大橋
本当に、そう思います。
五月女
私もここで働く前は「営業社員のフォローをすることが女性事務スタッフの役割」といったイメージを少なからず持っていました。でもWITHでは、会社立ち上げにも携わらせてもらって。その時には当然、仕組みもルールも1から作ることになります。そこに「誰かの指示を待って…」なんて概念が入り込む余地はありません。全員がひとり残らず主体性をもって組織づくりと向き合わなければ、何も前には進みませんから。そう考えると、WITHでは「職種や性別に関係なく、みんなが仕事の主人公である」ことが、ある意味で会社のDNAになっているのかもしれません。
  • 1
  • 2
  • 3